虎馬ぶろぐ

阪神タイガースと、競馬(一口馬主など)のブログ


ロードバクシン、ラストラン
現在のところ、兵庫県所属馬として唯一交流Gレースを勝ったロードバクシンの引退レースと引退式が行われました。
62戦31勝(交流重賞1勝・兵庫チャンピオンシップG3、兵庫重賞11勝)
園田にサラ導入された後、最高の名馬。
空は、名馬との別れを惜しむ涙雨。
引退レースのサンテレビ賞。
競馬新聞(競馬キンキ)も彼との別れを惜しんでいた。

ベストタイザン
前走は6カ月ぶりのチャンストウライに突き放されての着。ただ、今や兵庫を代表する看板馬の1頭に成長遂げた点を認めたい。57舛離魯鵐覇でも地力でクリアできるはず。
(中略)
ロードバクシン 
2000年6月16日デビュー以来、8年の長きにわたり、現役最頂点を走り続けた兵庫生え抜きが万感胸にきょうラストランを迎える。戦友・小牧太騎手とは4年間タッグを組み19勝をあげた仲。ロングタイムの夢・そして園田を支えたキミに”ありがとう”
(競馬キンキ2007年2月14日 9R論評欄)



って、結局ロードバクシンは馬券的にどうやねんと、思わず突っ込みを入れてしましたが、それだけ愛されていた馬であることを再認識しました。
いよいよ9レース、サンテレビ賞(S1)。
ロードバクシンは4角まで先頭でしたが、直線失速し7着。


そして最終レース終了後、引退式。
ロードバクシンの主戦だった小牧太騎手を背にラストラン。
そして、口取り。
かつてコンビを組んでいた、岩田、有馬騎手も参加していました。

お疲れ様、兵庫三冠馬 ロードバクシン。
同じ今年から種牡馬になったディープインパクトに負けない子を出してくれ。
君は、兵庫の誇りだ。
ありがとう。
トラウマ: | - | - |

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2007 >>





Powered by 一口馬主DB