虎馬ぶろぐ

阪神タイガースと、競馬(一口馬主など)のブログ


トレード
日ハム金村と中村泰の1対1のトレードが発表されました。
金村が放出されるのは予想されましたが、その相手が中村泰とは意外でしたね。
スポーツ紙上では、浜中の名前が挙がっていたので。
金村も一昨年の監督批判で首脳陣との不仲で、それが今年の不振の結びついた感じですね。
一年間ローテを任せれば、10勝はしてくれるのではないでしょうか。
岡田の采配次第ですが・・・
トラウマ: | comments(0) | - |

来季に向けて
来期も岡田か・・・
ここが一番の補強ポイントなのだが・・・

打撃コーチは正田が責任を取って辞任、でも代わりは置かず、岡田・吉竹・広沢のトロイカ体制で指導って、責任の所在、役割分担がはっきりせず危ないと思うのですが。

他球団を戦力外になった選手を獲らないって、そんな余裕は無いでしょう!!
今年優勝したチームなら、その方針も間違いではないが、今年の阪神は、得点力と先発投手強化という明確な補強ポイントがあるのに。
横浜の種田とロッテ黒木は絶対にとりにいくべき。

岡田の頑固さが、あの暗黒時代に逆戻りさせるのではないか心配です。
木戸よ、岡田に直言してくれ。
トラウマ: | comments(1) | - |

来期への補強
明日から、ナゴヤドームでクライマックスシリーズ1stステージが始まるが、我がタイガースは正直厳しいとは思うが、なんとか勝ち進んでほしい。
ここを勝てば2ndステージは、巨人相手だから何とかなるような気はする。
しかし日本シリーズの出場権を得ても、対するパリーグのチームは、ロッテか日ハム・・・。
やっぱり、日本一は厳しいか・・・(ロッテ成瀬と、ハムの喫煙王子は打てないだろうな)

リーグ戦が終わり、各チームとも来期に向けて動き出していますが、この時期に目立つのは「○○選手とは来季の契約を結ばないことになった。(つまりは、自由契約=クビ)」という記事。
今年も多くの選手が自由契約になっている。
だが、一度自由契約になっても、他球団で現役続行し、活躍した選手もいる。
阪神で言えば少し前になるが、遠山、伊藤敦、成本など、今年で言えば、高橋光信がそれに該当する。
現在のところ、他球団を自由契約になった選手の中で、ぜひ来期はタイガースの一員として縦じまのユニフォームを着てほしいと、私が勝手に考えるのは、
マリーンズ・黒木(先発投手の補強)
ライオンズ
ベイスターズ・種田(元祖ガリ股打法、右の代打、大阪出身)
の二人。
特に種田は今年の成績も悪くはないし、シーツより勝負強いと思います。
岡田監督、一度ご検討を(ここが一番の補強ポイントかもしれない・・・)



トラウマ: | comments(1) | - |

前田智徳選手 2000本安打達成
両足のアキレス腱の故障を乗り越え、2000本安打達成、おめでとうございます。
阪神ファンの私ですが、他のチームの選手の中で好きな選手の一人です。
野球にかける情熱、姿勢、そしてチームへの愛と尊敬に値します。
同じ「とものり」と言う名前(字は違うが)として、彼を誇りに思います。
トラウマ: | comments(0) | - |

井野
どう見ても、ランナーの足の方が先だっただろう。
ボケ。
このヘボ審判。
どこに目がついとるのや。
さっさと辞表を出せ。
トラウマ: | comments(0) | - |

今季2度目の甲子園
職場の後輩と甲子園に行ってきました。
いやー、珍しいものを見ました。
サヨナラ押し出しデットボール。
タイガースが勝ったのに、もう一つスカッとしません。
とりあえず、勝ちは勝ち。
これで勢いに乗れればいいのですが。
(今季、ずっと言い続けているような気もしますが。)
トラウマ: | comments(0) | - |

前略 岡田彰布 殿
体調がよろしくないそうですね。
監督業というのは、気苦労が絶えず、多忙を極めるそうですね。
ここらで休養されたら、いかがでしょうか。
トラウマ: | comments(0) | - |

対横浜 3連戦
5/18 ○4−1 (勝)ジャン 3勝2敗 (S)藤川 1敗11S
5/19 ○6−0 (勝)杉山 2勝2敗
5/20 ○1−0 (勝)中村泰 1勝 (S)藤川 1敗12S

このカードの虎馬賞は、杉山。
(選考理由)
チーム今季初となる完封勝利、立ち上がりさえうまくいけば、これ位はできるピッチャー、さすが龍谷の星!!

ここまでの虎馬賞受賞回数
2回 金本
1回 久保田、林、ボーグルソン、小嶋、狩野、福原、藤川、杉山
   ガイエル(ヤクルト)

交流戦は、2カード毎の評価にします。
トラウマ: | comments(0) | - |

対広島 3連戦
鳥谷を1番から外せ、あんな三振の多い1番バッターは要らない。
岡田監督、早期休養を。
トラウマ: | comments(0) | - |

対ヤクルト 3連戦
5/11 ○5−3 (勝)ボーグルソン 3勝1敗 (S) 藤川 1敗8S
5/12 ○3−2 (勝) 杉山 1勝2敗     (S) 藤川 1敗9S
5/13 ○8−6 (勝) 橋本健 2勝1敗 

このカードの虎馬賞は、藤川。
(選考理由)
3試合連続S。ここまで1回も選んでいなかったのでそろそろ。
これからも頼んますよ。

ここまでの虎馬賞受賞回数
2回 金本
1回 久保田、林、ボーグルソン、小嶋、狩野、福原、藤川
   ガイエル(ヤクルト)

トラウマ: | comments(0) | - |

対巨人 3連戦
5/8 ●1-7 (負)ジャン 2勝2敗
5/9 ●5-6 (負)藤川 1敗7S
5/10 ○3-2 (勝)福原 1勝1敗 (S)藤川 1敗8S

このカードの虎馬賞は、福原。
(選考理由)
今シーズン、エースと期待されながらここまで怪我で出遅れ。ようやく6回途中2失点のまずまずの内容で連敗を止める。
これからはローテの軸としてのピッチングを頼んます。

ここまでの虎馬賞受賞回数
2回 金本
1回 久保田、林、ボーグルソン、小嶋、狩野、福原、
   ガイエル(ヤクルト)

トラウマ: | comments(0) | - |

岡田 早期辞任を
何をやっても全くだめ。
監督に闘志を感じない。
さっさと休養してください。
トラウマ: | comments(0) | - |

対広島、横浜、広島 9連戦
勝つような気がしない・・・
暗黒時代に逆戻りか・・・

これ以上、言うことはありません。
トラウマ: | comments(0) | trackbacks(12745) |

対ヤクルト 3連戦
4/24 ○2-1(サヨナラ) (勝)ウィリアムス 1勝
4/25 ○7-2 (勝)下柳 2勝2敗
4/26 ○3-1 (勝)ボーグルソン 2勝 (S) 藤川 7S

このカードの虎馬賞は、ヤクルトのガイエルです。
(選考理由)
第1戦の雨中の落球、これで流れが変わりました。
1985年の対巨人1回戦の巨人・河埜の落球並みの流れを変えるプレーでした。
これで流れに乗れば、いいのですが。

ここまでの虎馬賞受賞回数
2回 金本
1回 久保田、林、ボーグルソン、小嶋、狩野、ガイエル(ヤクルト)
トラウマ: | - | - |

対巨人 3連戦
4/20 ○5−4 (勝)橋本健 1勝1敗
4/21 ●2−5 (負)能見  1勝2敗
4/22 ●3−10 (負)小嶋  2勝2敗

このカードの虎馬賞は、狩野。
(選考理由)
説明は要らないでしょう。

ここまでの虎馬賞受賞回数
2回 金本
1回 久保田、林、ボーグルソン、小嶋、狩野
トラウマ: | - | - |

対中日 3連戦
4/17 ●0-5 (負) ジャン2勝1敗
4/18 ○9-1 (勝) 下柳 1勝2敗
4/19 ●7-9 (負) 久保田1勝1敗

今週の虎馬賞は、金本の兄貴です。
(選考理由)
鬼門・ナゴヤドームで、完封負けを喫した後の第2戦での活躍。
今年は、ナゴヤドームでも勝てると思った翌日が、あの試合じゃ・・・
今年もナゴヤドームは鬼門なのか・・・
トラウマ: | - | - |

対横浜 3連戦
4/13 ●4−6 (負)杉山 1敗
4/14 ●0−6 (負)能見 1勝1敗
4/15 ○10−1 (勝)小嶋 2勝1敗

このカードの虎馬賞は、小嶋です。
(選考理由)
2連敗で迎えた第3戦、打線の爆発があったものの、7回1失点の好投。
連敗ストップに貢献。
次は、鬼門ナゴヤドームでの中日3連戦。
何とか勝ち越して欲しいものです。 
トラウマ: | - | - |

対中日 3連戦
4/10 ○5−2 (勝)ジャン2勝 (S)藤川5S
4/11 △6−6 
4/12 ○3−1 (勝)ボーグルソン (S)藤川6S

このカードの虎馬賞は、迷ったのですが、ボーグルソン
(選考理由)
第3戦の投打にわたる活躍。
私が観戦に行っていたこともありますが。

トラウマ: | - | - |

対巨人 3連戦
4/6 ●1−6 (負)下柳
4/7 ○4−3 (勝)能見 (S)藤川
4/8 ●0−2 (負)小嶋

このカードの虎馬賞は、林威助。
(選考理由)
第2戦、3打点の活躍。
左投手のときでもスタメン起用を
トラウマ: | - | - |

対ヤクルト 3連戦
4/3 ○4−3 (勝)ジャン (負)石川 (S)藤川
4/4 雨天中止
4/5 ●1−4 (勝)石井一 (負)橋本健 (S)高津

このカードの虎馬賞は、金本の兄貴です。
(選考理由)
第1戦の勝負を決める満塁弾、2戦目も唯一の得点となる一発。
この選考は、誰も文句は無いでしょう。
トラウマ: | - | - |

対広島 3連戦
3/31 ●1−4 (勝)黒田  (負)下柳
4/1  ○3−2 (勝)久保田 (負)宮崎 (S)藤川
4/2  ○4−2 (勝)小嶋  (負)大竹 (S)藤川

この3連戦の虎馬賞は、久保田です。
ちなみに虎馬賞とは、私の視点でその連戦で最も活躍した勝手に選んだものです。
賞品。・商品の類は全く出ませんが・・・
(選考理由)
2戦目、3戦目の好リリーフ。
今季の復活を期待して、久保田を選びました。
スリルとサスペンスはいらないので、今度はビッシと抑えてね。
トラウマ: | - | - |

セリーグ開幕
いよいよ、セリーグ開幕
阪神タイガースは、大阪ドームで開幕を迎える。
今年の注目選手は
投手 久保田
野手 今岡

彼らの活躍が、タイガースの浮沈を握っていると思います。
トラウマ: | - | - |

開幕戦予想オーダー 
現時点での開幕戦オーダーを考えてみました。
相手はカープ。9割9分開幕投手は黒田でしょう。

阪神タイガース
1 ╂崟
2 ご慄
3 シーツ
4 Ф睨
5 ズ2
6 δ暫
7 浜中
8 ¬靆
9 (仝

という感じではないでしょうか。
開幕投手は、岡田の性格からして、1年間のローテの軸として期待する投手を持ってくるであろうから、出遅れていますが、福原だと思います。
トラウマ: | - | - |

2007年 阪神タイガース 投手陣予想
先発陣
福原 14勝
安藤 12勝
下柳 10勝
杉山 10勝
江草  8勝
ジャン、ポーグルソンで8勝

中継ぎ陣 8勝
右 桟原、橋本
左 吉野、能見

抑え陣 6勝
ウィリアムス、藤川 

未定
久保田 先発なら8勝、中継ぎ・抑えなら4勝

他、岩田、中村泰、筒井、小嶋、金村などで+α

計 80〜84+α勝

うーん、1位通過は間違いないなぁ。


        
トラウマ: | - | - |

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>





Powered by 一口馬主DB